静岡茶(抹茶)は新幹線サーブへ

新幹線サーブの静岡抹茶

シーマ(SHIMA)製法

Super(スーパー)Heating(加熱)Moisture(水)Atmosphere(雰囲気)

シーマ機械

静岡は日本最大のお茶の産地でありながら、抹茶に関しては研究が遅れていました。当社は独自の「シーマ製法」により、色、味、価格、劣化の問題を解決しました。

さらに、原料となる抹茶は、信頼できる提携茶農家さんから仕入れる100%本山茶を使用。もちろん、完全無添加だから体に安心です。
シーマ製法は、180度から300度の加湿熱気(蒸気を空気にした風)で生葉を処理することから、色・味・価格などの劣化防止をはじめ、化学変化(境膜効果)を起こすことでまろやかな旨みと香り、鮮やかな色あいを持ったお茶が出来上がります。

 静岡抹茶一覧のページへ

現在地:トップページ商品案内シーマ(SHIMA)製法