お茶(静岡県)のことなら新幹線サーブへ

静岡茶の歴史などのはなし

静岡でお茶の製造販売を始めて44年。茶処 静岡を広く皆様に知っていただきたいという思いから、静岡茶またはお茶について、意外に知らない歴史のお話や、暮らしに役立つ情報をお届けします。

静岡茶の歴史

静岡のお茶は、駿河国栃沢に生まれた聖一国師(1202~1280)が中国から種子を持込み、出生地に近い足久保に撒いたのが始まりと言われています。

 

明治維新には、徳川藩士や川越人足などによる大規模な牧之原台地の開拓、清水港から海外への直輸出による生産量の増加などにより、県下各地に茶園が広がり、生産の機械化、流通の発展など、日本一の茶産地となる基盤が作られ、現在、品質はもちろん、茶園の面積は全国の46%、生産量(生葉、収穫量、荒茶)は44%のシェアを誇っています。

本山茶とは

静岡県の中心を流れる安倍川。その上流の山里には鎌倉時代から伝わる良質なお茶の生産地があります。ここで育まれているのが本山茶です。“安倍茶”と呼ばれた時代もあったそうです。安倍茶の名声が高まると、静岡産のお茶はどれでも安倍茶と呼ばれるようになったため、大正時代に、地元の茶農家・築地光太郎が他地域のお茶と区別するため、本家本元のお茶という意を込めて“本山茶”と命名。以来、その名が広まったといわれています。

お茶の効用

鎌倉時代の僧侶、栄西禅師の記した日本発のお茶の書「喫茶養生記」によれば、“茶は養生の仙薬なり”と、薬として効用があると記されています。

 

また栄西は、鎌倉三代将軍・源実朝(みなもとのさねとも)が二日酔いに苦しむのを目にし、良薬として茶をすすめたといわれています。現在、私たちはお茶を飲み物としていただいていますが、古人は万能薬として飲んでいたようです。茶に含まれる成分を見ると、渋みの成分であるカテキンが豊富に含まれています。このカテキンが、発ガン抑制作用や、抗酸化作用、血中コレステロールの低下、虫歯予防、老化防止などの症状を和らげるといわれています。但し、お茶に含まれるカフェインは、神経を刺激して脳の働きを活発にする性質がありますので、睡眠薬などをお茶で飲むなどの行為は止めましょう。

おいしい淹れ方

~煎茶・深蒸し茶・玉露茶~

現在地:トップページ静岡茶のはなし